車買取でのトラブル防止と書面で証拠を残す意義

車買取でのトラブル防止と書面で証拠を残す意義

トラブル防止の為には、証拠を残すという方法があります。トラブルに発展した時に解決できるかどうかは、証拠の有無に左右される一面があるからです。車買取などでも、それは大事だと思います。

 

車買取では、残念ながらトラブルは起きているようですね。名義変更や二重査定のトラブルなどが、代表的な例でしょうか。前者の名義変更は、別のオーナーが車の自己を起こした時にトラブルに発展してしまいかねません。別の方による事故の飛び火が来てしまいますので、ちょっとそれは避けたいですね。また後者の二重査定も、避けたいと思う方が多いのではないでしょうか。実際に伝えられたのと違う額が振り込まれてしまうのは、とても悲しい事です。

 

そのようなトラブルを防止する為には、基本姿勢として書類を残すのが大事だと思います。書類による証拠を作っておきますと、後でトラブルが解決できる可能性があるからです。

 

例えば買取り業者から、名義変更を行いますと伝えられたとしましょう。その変更が何月何日までに行われるのかは、念のため確認しておいた方が良いでしょう。さらにその一言を、できれば書面に残しておいた方が無難です。口約束だけですと証拠にならない可能性がありますので、必ず書類での記録を残しておいた方が良いと思います。二重査定も同様で、やはり「二重査定を行いません」という口約束だけでは不安要素が残ってしまうでしょう。それよりは何らかの書面で記録を残しておいた方が、無難だと思います。そして車の売却者としては、その書面を発行してもらう権利はあると思います。

 

車売却の手続きで何らかの不安点がある場合には、後のトラブルを防ぐために書類による証拠を残しておくのが大事だと思います。
ハイエース 買取